スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかよくあるやつやった。

よくあるやつ。
xpがやってるの見てやってみたでござる。



今日で付き合って1年が経ったんだよね。あっという間だったなぁ…。
ということで、今日ぐらいは自分の気持ちをしっかり伝えようかなと思います。何言われるんだって、ビクビクしてない?(笑)

何から書こうかな。この前chippoの財布になぜかチリチリの毛が挟まってた話?(爆)
あれはかわいそうだからいいや、面白いけど。

そういえば、この前、嘘ついたでしょ。いきなりデートをキャンセルして、「法事があるのを忘れてた」とか言ってたよね。あのときすぐ「浮気されてる!」って思ったんだ。
私ムカついて、家から後をつけてやろうと思ったんだよね、あのとき。そしたら何?どこかの女と会うと思ったら秋葉原でエロ漫画買ってるし…。それデートキャンセルして行くほどのこと?怒りがむなしさになったよ。

chippoって、私のことあまり好きではなくなってきているよね?なんとなくそう感じるんだ。
例えば積極的に遊びに誘ってくれなくなったし、どこに行こうかとか考えてくれなくなった。「おまえが遊びにいきたいんだから、おまえが提案しろよ。提案できないなら文句言うなよ」とかよく言うし。

私は、どこかに連れて行ってくれないことに不満なわけじゃないんだよ。どこかに連れて行ってあげたいとか、一緒にどこかに行きたいっていう気持ちがchippoから消えていったことがつらいんだ。でも、私がいけないんだよね。そうしてあげたいと思わせる女ではないってことなんだから。

なんか、つい悪いことばかり頭に浮かぶや…。もっと前向きなこと書くね。

ほんとはね、chippoは私にとって一番嫌いなタイプだったんだ。うるさくて馴れ馴れしくて、いかにも不誠実そうで(笑)。でも私みたいな奥手なタイプには、chippoみたいな人でもないと、一生付き合えなかったかもしれない。
だから、chippoには感謝してるんだよ。

chippoが言った「将来的におれよりイイ男は現れないから」ってセリフを今も頑なに信じているから、私はこれからもchippoに人生を賭けてついていきます。chippoの自信があのときのままだといいな。

これからもたくさんの壁に当たると思うけど、絆を強めながら乗り越えていこうね。それと、得意の「左乳が笑う」っていう芸は、もう人前でやらないでね…(苦笑)。

ではでは、これからも末永くよろしくお願いします。chippoがいてくれてよかった。ありがとう。

P.S.私のお母さんにまで下ネタ言うのはやめてください。




伝説のなんとかのほう。



◆伝説1

chippoがホームランを打たれても、「打ったバッターを褒めるべき」と擁護される。

(767ページ 17行目)

    ・
    ・
    ・

◆伝説2

なぜかchippoはなぞなぞを考えてきては発表する。

(67ページ 3行目)

    ・
    ・
    ・

◆伝説3

HEY!SAY!chippo!

(367ページ 4行目)



まあ恋人の方の返事はあれだな。
『初めましてお母様、私がchinpoです。』

伝説3は平成chippo!ってことらしい。はじめ全くわからんかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。